So-net無料ブログ作成
トラベル・イベント ブログトップ
前の10件 | -

東京~高尾山 [トラベル・イベント]

2020年1月11日(土)
東京のちょっとした用事があり、鉄分補給も兼ね、気晴らしに早めに出かけて高尾山まで行ってみようという作戦。
最初は筑波山を考えていたが調べてみると午前中で往復するのは難しいと分かり高尾山にした。
昨年は東京方面に行くことができず、今年も陰気臭~いオリンピックが始まってトリプルメガ台風とか来てしまう前しか行くことができないですからね。
s01DSC03479.jpg
今回は一人旅なので待ち合わせる必要なく、始発を降りすぐ新幹線ホームに
6:28、まだ陽が昇らず空も暗い。
s01DSC03483.jpg
東海道新幹線といえば、富士山眺望だが行きは曇っていて見えなかった…
s03C0006(3).jpg
そして陽が昇る
s04DSC03493.jpg
東京駅から電車を乗り継いで1時間ほど、高尾山口駅に到着
s05DSC03496.jpg
しばらく歩き、ケーブルカー・リフト乗り場へ
s06DSC03497.jpg
往復するため行列のできているケーブルカーを避け、
s07DSC03500.jpg
循環型のリフトで登ることにしたのだが、乗り場まで想定外の結構な階段があった。
s08C0010(2).jpg
リフトは高低差もあり乗りごたえもあったが、この時期ちょっと寒く展望がなく開放感もない。
やっぱり紅葉や新緑のシーズンがおすすめだろう。
s09C0019(2).jpg
山頂駅に到着
s10DSC03516.jpg
展望台からの景色
s11DSC03513.jpg
ケーブルカーも見える。
小腹も空いたが、食事は11:00から営業。
13:00までには秋葉原まで行かなくてはならないので、ここで降りることにした。
s13DSC03532.jpg
この時間、上りは混のためピストン輸送していて、下りは比較的すいているケーブルカーに乗車。
運よく一番前に立つことができたので、前面展望で急勾配を楽しむことができた。
s14C0024(1).jpg
交差型ケーブルカー名物、すれ違いポイント!
s13DSC03545.jpg


s15DSC03557.jpg
そんなこんなで秋葉原に戻り食事と用事を済ませる。
ここまで来たら街を見ていこうとも思ったが、人が非常に多すぎるし、日没前に帰りの新幹線に乗車して景色を楽しまないともったいないのでちょっとうろうろしただけでで撤収。この時期日没時間が17:00と早いので遅くとも16:00には乗車したいね。
冬季の街歩きは薄着になり背負うような荷物は預けておきましょう。コインロッカーが空いてる分らんけど。
どの店も人が多くて狭いし暖房で暑すぎるねん!
s16DSC03568.jpg
東京駅には北陸新幹線の元気な姿が。
またアルペンルート星空撮影の時にちょっとだけお世話になります。
s18DSC03577.jpg
帰りの新幹線では雪を被って「これぞ富士山」という富士山をクリアに見られた。

やっぱり年始に富士山が見られると良いことありそうですねぇ~。
これで特急料金もペイできたかな?
s20C0036(2).jpg
名古屋到着直前に日没
s21DSC03582.jpg
中部国際空港行きの特急に乗ったら、うっかり寝過ごして終点まで行ってしまった。
東横インが小横インになっていてビックリ!
s22DSC03591.jpg
せっかくなのでスカイデッキの電飾でも見て行こうぜ。
s24DSC03593.jpg

今回は派手な色や点滅もなく、揺らめくように光っていて悪くない感じではないだろうか。
そんなことより北海道物産展が開催されていたのに営業終了していてガッカリでした。

nice!(0)  コメント(0) 

神戸、駅前の布引の滝ー冨野展ー摩耶の夜景 [トラベル・イベント]

2019年11月30日(土)~12月1日(日)

s101DSC02463.jpg
知人と兵庫県立美術館で開催される「富野由悠季の世界」を観に行くついでに一泊して布引の滝や摩耶の掬星台からの日没・夜景を楽しもうという作戦。
始発で出発して8:00頃、新幹線新神戸駅に降り立った。
兵庫県立美術館の開館は10:00なのになぜこんな早く来たかというと早朝に駅裏にあるという布引の滝を見るためだ。
s102DSC02507.jpg
新神戸駅はトンネルに挟まれ、山と街の境界線のある独特の立地をしている。
s103DSC02491.jpg
実はこの出口が駅の地下にあることを知らず、駅1階から外に出て周辺をうろうろ迷いさまよっていたのは内緒だ。
s104DSC02489.jpg
新神戸駅に紅葉が映る。
s105DSC02490.jpg

s106DSC02487.jpg
新神戸駅から(迷ってなければ)数分、この橋を渡って布引の滝に行ける。
s107DSC02465.jpg
新幹線駅前とは思えぬ結構ハードな山道を進む。
s108DSC02471.jpg
滝が見えてきた!
s109DSC02474.jpg
布引の滝、駅前とは思えぬ雰囲気
s110DSC02473.jpg

s111DSC02483.jpg
行程は結構起伏もあり、途中本格登山装備の人達も居て結構「山に来た感」を感じられます。
s201DSC02494.jpg
新神戸駅に戻り、移動するはずがロープウエイ乗り場まで行ってみようということになり、予定外だがここまで来たら乗ってみようということになる。
sC0008(1).jpg
ショップの建物内に突然ロープウエイ乗り場があり、よくあるロープウエイにあるワイルド感は少なく小奇麗な感じ。
s202MUDAI2(1).jpg
山と街の境界線と新神戸駅、ちなみに搬器は循環型で待ち時間は少なくすぐ乗れる。
s203MUDAI2(2).jpg
先ほど歩いた滝が見える。
やっぱり目前で見たほうが迫力があるのは言うまでもない。
s204MUDAI2(3).jpg
ダム
s205MUDAI2(5).jpg
めっちゃ紅葉している!
s206DSC02502.jpg
山頂はハーブ園になっている。結構な規模だが今回は時間がないのですぐ降りることに。
s207MUDAI2(8).jpg
s208MUDAI2(10).jpg
ハーブ園のアクセス用だと思っていたら、結構本格的で紅葉と街並みを一度に楽しめる。
ロープウエイ駅というと最寄駅からバスなどアクセスが難しいものだが、駅前、しかも新幹線駅から徒歩数分で乗れるロープウエイなんてほかに無いのでは。
s301DSC02509.jpg
さて、昼前になってしまったので食事後、兵庫県立美術館に。
s302DSC02510.jpg
今回の大メインクライマックスの「富野由悠季の世界」展
「4時間以上かかりますので、時間に余裕をもってご来場ください」「トイレは無いので済ましてから入場してください。」「場内の飲食は禁止」など結構ハードな条件。
内容は充実していて見始めればアッという間。
これから摩耶に行く予定なので、グッズや図録はかなり重いので買わずにパス
sC0005(1).jpg
15:30頃、美術館を出て徒歩で灘駅に、そこから坂バスで摩耶ケーブル下へ
s403MUDAI2(14).jpg
16:30頃、虹の駅に着くころには陽は沈んでしまっていた...
この時期の日没は早い。
s401DSC02524.jpg
ロープウエイから見える廃墟の女王、摩耶観光ホテル
s405DSC02532.jpg
星の駅に着いた。
s406DSC02541.jpg
まだ夕焼けの名残が。
s407DSC02578.jpg
s408MUDAI2(17).jpg
s409MUDAI2(16).jpg
メチャクチャ寒くて、過剰装備かなと思っていた手袋やダウンが大活躍!
カメラもモバイルバッテリーから供給しないとすぐバッテリーがなくなっちゃう。
s410DSC02782.jpg
三宮で一泊するとはいえ、チェックインと食事をしないといけないし、寒いので18:45には下山。
ケーブルカーからライトアップされた紅葉と街明かりの絶景が拝めた。
s412DSC02791.jpg
宿泊は三ノ宮の「コンフォートホテル神戸三宮」を予約しておいた。
新しめできれいなホテルだった。
守山もそうだったがウェルカムドリンク、カード式エレベーター、テレビに自由に使えるHDMI端子付きは最新のホテルのトレンドなのかな。USB充電コンセントも数か所あり便利だった。
朝食はビュッフェ式、夕飯はついてないので近くのカプリチョーザで
カプリチョーザはちょっと高いけど美味しいのに何故東海地方だけほとんどないのだろう?
s510DSC02784.jpg
s511DSC02783.jpg
ルミナリエにはちと時期が早かったが、街はちょっとしたイルミネーションが
s601DSC02793.jpg
翌日、9:00までのんびり朝食を楽しんでからチェックアウト。
4月にも来た「サンプラザ」という、いわゆるオタク街を歩いて昼食後、用事があったので知人と別れ帰還することに。
知人はこの後、大阪日本橋ので電気街(オタク街)に寄ってから終電で帰るという。
s602DSC02798.jpg
新幹線ホームから布引ハーブ園のゴンドラが見える。
こうして今年最後の旅が終わった。
思い付きで乗った布引ハーブ園ロープウエイが意外と絶景で今年は時期を外したと思っていた紅葉も楽しめたので結構満足感があった。

この1週間ほど後、風邪をこじらせたのか気管支炎と診断され休日も数週間外出できず、毎年恒例の名鉄部品市(+リサイクルショップ巡り)なども行けなかった。咳がひどく眠れないし、声が出ないねん!
早く回復してももう一回くらい更新できるような活動ができれば良いのだが...

nice!(0)  コメント(0) 

びわ湖バレイ(蓬莱山) [トラベル・イベント]

2019年11月2日(土)
最近、秋なのに曇がちだったが、珍しく土曜日だけ休日の晴天になりそうだったので、目を付けていたスポットのうちひとつ、琵琶湖バレイにひとり行ってみることにしました。
ロープウエイで打見山山頂に、琵琶湖を望みながらリフトを乗り継いで蓬莱山山頂に行けるみたい。
s001DSC02309.jpg
始発で出発して新幹線で京都に、湖西線に乗り換えて琵琶湖の反対側に回り込んで志賀駅に到着。
新幹線か山の上で食べようと持って来たはずの菓子が間違えてフリーズドライのなめこ汁だったというアクシデントが発生!こんなもん食えるかー!
s002DSC02185.jpg
志賀駅から路線バスに乗ってびわ湖バレイに
休日だけあってチケット売り場は行列が。
並んでたら始発のロープウエイが行っちゃった。ちなみに料金は往復2,600円
s003DSC02187.jpg
分かり難いけどかなり大型の搬器
s004DSC02193.jpg
s005DSC02201.jpg
山頂駅に到着。
まずはTHE MAINと呼ばれる建物に向かいます。
(てか、誘導される。)
s006DSC02208.jpgs007DSC02206.jpgs008DSC02204.jpg
びわ湖テラス、水鏡的にはもうちょっと雲がある方が映えそうですね。
s009DSC02209.jpg
カフェもあるが行列でオーダーまで時間がかかりそうなのでパス
s010DSC02210.jpg
ダイニングもあるが昼食には早いし、ビュッフェスタイルで2,100円(ドリンクバーは別途)は予算的にちょっときつい

s011DSC02211.jpg
自販機の飲み物もちょっとだけ高くなっていた。
s012DSC02203.jpg
さて、蓬莱山の山頂までのリフトが気になるところだが、ここまで来て衝撃の事実を知ることになる。
s013DSC02212.jpg
なんと10/27で楽しみにしていた打見リフト、ホーライリフトが今シーズンの営業を終了していたのだ!
頂上のCAFE360なども営業終了しているそうだ。
s014DSC02276.jpg
さて、ヒザも壊しているし今回は「これで勝ったと思うなよ~!」と再訪を誓って帰るか?
多少無理してでも頂上まで行くか?
s019DSC02273.jpgs016DSC02217.jpg
とりあえず、考えをまとめるため比較的平坦で歩きやすい打見リフト区間を歩いてホーライリフト乗り場まで来た。
やっぱり、頂上まで登りたい!という気持ちを抑えきれず、ゆっくりと登ってみることにした。
s017DSC02219.jpg
s018DSC02265.jpg
途中、滑り台があり帰りはちょっと楽できるかも?と思ったら台風か何かで変形した死の滑り台だったデス!
sDSC02270.jpg
息を切らしながら、時々座り込んで休憩したり、ジグザグに進んだり、ロープウエイで上がって来た時は寒かったのに途中で暑くなり薄着になる。持参したストックを出したら劇的に楽になったので持ってきて良かった。
最初から出せばよかった。
よく考えればスキー場を歩いて逆走しているわけで、そりゃ急勾配できついわ。
s020DSC06002.jpg
そしてようやく山頂へ!絶景!無理して歩いて来て良かったー!
s021DSC02225.jpg
三角点
s022DSC02227.jpgs023DSC02228.jpg
s024DSC02242.jpg
この絶景ブランコで持って来た缶コーヒーで長ーいひとやすみ
なんで山の上だと焼けつくような直射日光でも気持ち良いんだろうな。
s024DSC02245.jpg
CAFE360跡、スキー場になるとじゃまになるから完全撤去したのかな?
s025DSC02235.jpg
たまには自撮りなどしておかないと遺影とか困るからな。逆光だけど(笑)
s026DSC02248.jpg
さて、腹も減って来たので気合を入れて向こうの山頂まで戻りますか。
正直、ヒザが痛いと下りのほうが地獄である。
はじめカニ歩きで進んでいたが、思いのほか脚への負担が大きい。
後ろ向きで歩くと結構楽に歩けることを発見。後ろに気を付けて参りましょう。
s027DSC02279.jpg
お昼はロープウエイ駅のエキナカキッチンで
s028DSC02286.jpg
かなり広く収容人数も多そう。
s029DSC02282.jpg
料理もかなり早く出て来た。
山の上なのに定番のソフトクリームが無いのが残念無念だった。
s030DSC02293.jpg
s031DSC02294.jpg
ロープウエイで下山、夜景が望める時間まで営業しているわけでも無いのに、まだまだ凄い数の人が上がってくるぅ~!早めに来て良かった!
s032DSC02297.jpg
THE MAINの方は凄い数の人間が!
s033DSC02283.jpg
また春先でものんびりとリフトに乗りに来たい。
s044DSC02302.jpg
紅葉にはちと早かったですな。

nice!(0)  コメント(0) 

四国第3話、観音寺2日目、雲辺寺RW、豊稔池堰堤、天空の鳥居高屋神社 [トラベル・イベント]

2019年10月19日(土)~20日(日)
sDSC02008.jpg
a201DSC02042s.jpga203DSC02045s.jpga205DSC02047s.jpg
3時頃起きて外に出ると雲の間から少し星が見えていたので星空撮影を行うことにした。
a207DSC02056s.jpg
部屋に戻り準備をしてくると海岸の方角の雲が奇跡的に切れていた。
月も出ていて天の川こそ見られなかったが、本州に比べても光害が少なくきれいな星空でした。

早く起きて早朝散歩に行くはずが、起きたら6:30!(夜遊びしてるからや)
すぐに準備して7:00からの朝食に挑む。
チェックアウト時にタクシーの電話番号を聞こうと思ったらすぐ呼んでくれた。
もうちょっと近辺を散歩したかったが、まあいいか。
a278DSC02106s.jpg
まず、タクシーで30分ほど、雲辺寺ロープウエイに向かうことに。
帰りはまたタクシーを呼ぶ予定だったが、運転手が駅まで往復1時間以上かかるからこの後、天空の鳥居まで乗ってくれるなら駐車場で待ってるよ。お互いそのほうがメリットがあるでしょう。と言ってくれた。
a216DSC02066s.jpg
a217DSC02067s.jpg
sC0005(3).jpg
雲辺寺ロープウエイは正直、参拝用だと思ってなめていたが、なかなか本格的だった。
a219DSC02069s.jpg
a221DSC02071s.jpg
頂上駅に近づくと雲の中に入ってしまい景色こそ見られなくなったが、なかなか幻想的は景色を楽しめた。
雲辺寺と展望台冬季のみ営業のスノーパークしかなく、飲食店もないため、だいたいのお客さんは1時間程度で降りてくるそうだ。
a223DSC02073s.jpg
a224DSC02074s.jpg

a229DSC02082s.jpg
変わった構造の展望台
a226DSC02076s.jpg
展望は無い。
a232DSC02085s.jpg
雲辺寺(撮影するの忘れてた)
ロープウェイで降りて、待っていたタクシーに乗って、高屋神社に行く前に運転手もお勧めだという、豊稔池堰堤 [ほうねんいけえんてい]へ。山道を進んでゆく、歩きや自転車ではとてもまわれないや。
a281DSC02109s.jpg

a285DSC02113s.jpg
a286DSC02114s.jpga290DSC02118s.jpga295DSC02124s.jpg
写真などでは知っていたが、実物は写真とは迫力が違う!
運転手の話によると時期になるとホタルが当たり前のようにいるそうだ。
売店などもないため、見終わったら高屋神社に向かいます。

すれ違いにも苦労するような、かなり狭い山道を延々と進み、駐車場に着くと結構な車が停まっていた。
a296DSC02125s.jpg
駐車場からかなりの急こう配の坂道を歩く。
距離的には大したことないのだろうが、かなりきつい!
タクシーの運転手も付いてきたのだが若い女性の観光客がいるとそっちと話が盛り上がり、だれがお客さんかわからない状態に。
実は1日目の夜、タクシーで高屋神社の天空の鳥居まで行って星空撮影を行う計画だった。
ちょうど天の川が鳥居前に位置するのと21:00までは月が出ないからだ。
しかし天気が悪かったので断念したのだが、暗い中こんな道を歩くには無謀だったわ。
この観光客の数からすると夜も人が居そうだ。
a298DSC02128s.jpg
天空の鳥居に着くと結構な人が居た、もうちょっと早朝とかに来ればよかったかな。
a300DSC02130s.jpg
石段を登ってくると40分以上かかるらしい。
タクシーの運転手によると健脚自慢の人が登ってきて力尽きて駐車場まで来てという依頼も多いらしい。
a307DSC02139s.jpga311DSC02146s.jpg
a317DSC02152s.jpg
途中の絶景ポイントも教えてくれた。

a326DSC02163s.jpg
a325DSC02162s.jpg
帰りは観音寺駅近くの運転手おすすめのうどん屋で降ろしてもらった。
半日観光地を回って1万5000円ほどだった。ガイド付きで好きなところに行けると思えば、2~3人で割ればそんな高くないだろう。うどんばっか食べていればそんなに食費もかからないしね。
a324DSC02161s.jpg
あ、ある意味、今話題沸騰中の宮迫のサインだ!
a329DSC02166s.jpg
観音寺駅まで歩くことに、途中例のカラオケ屋が。
帰りは特急しおかぜに乗車。
せっかく景色の良い海側の席を選んだのに、乗車後爆睡してしまい目が覚めると瀬戸大橋を渡っていた。
四国は現地の交通事情こそ良くないが、光害が少ないというので、いつかもう少し奥地の宿に泊まって星空撮影をしてみたいですね。
a327DSC02164s.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

四国第2話、観音寺編1日目 [トラベル・イベント]

2019年10月19日(土)~20日(日)
a043DSC01663s.jpg
坂出駅から高松-松山を運行する特急いしづちに乗車。
途中から岡山‐松山間を運航する特急しおかぜと併結する。
a045DSC01665s.jpg
座席
a046C0021(2)s.jpg
絶景区間
a048C0024(1)s.jpg
観音寺に到着
a053DSC01676s.jpg
まず大正橋プラザという観光案内所に行く
物販はないようだが観光案内チラシなどを配布していた。
トイレと小さな窓口、貸自転車、
a055DSC01677s.jpg
例の自販機
a057DSC01679s.jpg
やたら懐っこいキジトラアニマルが案内していた。
a058DSC01682s.jpg
泊まる宿まで30分ほど歩くことに
a059DSC01683s.jpg
三架橋
a60DSC01684s.jpg
a062DSC01686s.jpg
なんか祭りをやってるようだ。 
天候などで日程変更があったのか事前調査では一切情報が無かった。
a065DSC01695s.jpg

a067DSC01698s.jpg
世界のボ…じゃなくてコイン館隣の観音寺市総合コミュニティセンター
17:00までなのでお早めに
a063DSC01703s.jpg

ボ…じゃなくてコイン館1階にもゆゆゆグッズが売っていた。
時間ギリギリだったので観音寺ポスターの絵柄のステッカーセットを購入
もうちょっとゆっくり見たかったな。
a213DSC02063s.jpg
予約しておいた宿、琴平荘の到着
a068DSC01705s.jpg
a069DSC01717s.jpg
食事まで時間があったので休憩後、近くの有明浜に散歩に出かけた。
曇っていたのできれいな夕日こそ見られなかったが、ツヤツヤの懐っこい黒猫の協力で良い写真が撮れた。
19:00より夕食、悪くはなかったが、うどんやいりこなど名産品が欲しかったところ。
少しずつ料理を持ってきてくれるのだが、時間を決めているのだから全部揃っていて欲しいのは私達だけ?
食事の最中にドーンと音がして、宿の人が「花火を上げていますよ。ここまで音が聞こえますね」と言ってき
いやいや、花火を上げる予定があるなら夕食に時間を尋ねるときに言ってほしかったな。
食事、入浴後、テレビはBSが映らないので地元ケーブルテレビの祭の生中継を見て過ごす。今考えればすぐ近くなんだから行って来いよと思った。
a072DSC01732s.jpg
a073DSC01736s.jpg
21:00から宿のバスで銭形砂絵展望台に行くツアーに参加。
バス降りて解説が終わるとすぐバスに戻るため、撮影したりゆっくり見る暇がない!まあ、ツアーってそんなもんだよね。
いや~自然の風の力でこんな形になるなんて不思議ですねぇ~(うそこけ!)
a075DSC01740s.jpg
近くで見ても巨大猫トイレにしか見えないのであった。
a077DSC01745s.jpg
a078DSC01744s.jpg
a079DSC01749s.jpg
ツアー後、そのまま帰るのも何なので祭り会場に。
まさに後の祭り。
a201DSC02042s.jpg
第3話に続く

nice!(0)  コメント(0) 

四国第1話、瀬戸大橋の変 [トラベル・イベント]

2019年10月19日(土)~20日(日)
知人と四国に行ってきました。あいにく1日目は天気が悪いが明日は晴れるとの予報。a001DSC01582s.jpg
岡山までは新幹線で移動(名古屋→岡山、のぞみ指定席で98分、11,090円)
a002DSC01596s.jpg
岡山駅はG20とやらで警戒中でごみ箱が閉鎖されており、ちょっとテンションがた落ち…

a005DSC01587s.jpga006DSC01590s.jpg
怪速マリンライナーという先頭車の2階がグリーン席、1階が指定席、2号車以降は自由席という変わった車両に乗車。調査時は自由席は大変混みあうという情報だったが、1本見送る覚悟で早めに行けば自由席も座れそう。
むしろ、2階建ての先頭車より自由席のほうが広々していそうだ。
(岡山→坂出、パノラマグリーン席、41分、2,090円)
a008DSC01606s.jpg
しかし、今回は4席しかない先頭のパノラマグリーン席を事前にe5489で確保してあるのだ。
a010C0003(3)s.jpg
前面展望を撮ってみたが帰って見てみるとなぜかピンボケ…アクションカムは電子ズームを使っちゃダメみたい。

a011C0012(2)s.jpg
瀬戸大橋記念公園が見える
a011DSC01652s.jpg
まず最初の目的地、瀬戸大橋記念公園に
坂出駅から瀬戸大橋記念公園へはバスが1日数本しか出ておらず、時間も合わさらないのでタクシーで移動

a012DSC01614s.jpg
巨大な瀬戸大橋と海と島々の風景は感動的で時折、大きな音を立て通過する電車を眺めているだけでも飽きない。
しかし、道の駅というから飲食店や土産屋があると思って昼食をとる計画だったのに、資料館に小さなミュージアムショップがあるだけで飲食店は無し。売店の人に「食べるところないですか?」と尋ねたら半笑いであしらわれてしまった。

a0016DSC01622s.jpg
緑のなか、突如現れる例の自販機
a017DSC01619s.jpg
a018DSC01623s.jpg
a015DSC01618s.jpg
マリンドームはず~っとひとり演奏会しているおっさんが居たため、全景が撮影できなかった。
a021DSC01632s.jpg
屋上展望台

a025DSC01626s.jpg
瀬戸大橋タワー
a026DSC01650s.jpg

a027DSC01649s.jpg
a028DSC01642s.jpg
瀬戸大橋タワーの乗り場のある建物には人の気配は無く、パンフレットに「本場さぬきうどんの美味に舌つづみ!」と紹介されているうどん屋も潰れて廃墟になっていた。
近くの売店でチケット(800円)を買うと、ちょっとやさぐれていた(失礼)おっさんが運転してくれた。
お客さんは我々を含め4人だけでした。

a029DSC01646s.jpg
この規模の回転上昇式タワーは珍しいのでそれなり楽しめた。
一番上まで上昇して3回転して下降してくる。

a032DSC01647s.jpg
瀬遠橋記念公園を見下ろす。謎の施設やオブジェが多い。
a033C0004(1)s.jpg
瀬戸大橋の方から来ました。

a034C0004(3)s.jpg
これから行く四国の方?

a035C0004(4)s.jpg
沙弥島(しゃみじま)というらしい、たぶんまぞくとは関係はない。
「これで勝ったと思うなよ~!」
全体的に瀬戸大橋が完成した当時のバブルな施設が寂れていった感じ。
まあ、駅からのアクセスも悪く、瀬戸大橋を渡ってきたマイカー族が立ち寄ったり、近所の住民が子供を連れて無料の公園として弁当持参で利用するにはよいのだろう。
一応バス停に行ってみるが、やっぱり予想通りバスがないのでタクシーを呼んで坂出駅に戻ります。

a042DSC01657s.jpg
タクシーの運ちゃんに教えてもらった坂出駅近くのセルフ式うどん屋で遅めの昼食。

a041DSC01658s.jpg
駅前のイネス…じゃなくてイオンも2階以上は閉鎖され、ややさびれた印象だった。
a043DSC01663s.jpg
坂出駅から高松-松山を運行する特急いしづちに乗車。(第2話に続く)

nice!(0)  コメント(0) 

御在所2019 [トラベル・イベント]

2019年9月15日(日)

数年ぶりに知人と御在所に行くことになった。
今回はメインカメラであるRX-100M5が修理中ということで画像少なめ。
名鉄バスセンターから御在所ロープウエイ行きバスに乗車。
料金は下車時に支払うので早めに乗り場に並ぼう!すぐ大行列になる。
交通系ICカードを使う場合は乗車時にタッチしておこう。
乗車時にロープウエイなどの割引券がもらえます。
2019091501.jpg
去年から御在所ロープウエイ乗り場前までバスで行けるようになった。2019091510.jpg
便利な反面、寂れた廃旅館街のなかを歩く必要が無くなりちょっと残念かも?2019091502.jpg
今回、運よく新型搬器に乗ることができたが床の窓は想像以上に小さく、満員ではあまり効果が無いような…
2019091503.jpg
山上に着いたら、新しく出来た展望レストランでソフトクリームを食べ休憩。
帰りにゆっくり見ようと思っていたら昼からずっと混み合って満員で入るだけで1時間以上かかる有様だった。
あさいちで登ったら混み合う前に早めに食事するのがオススメ。
2019091505.jpg
というのも各種定食や猪肉などを提供していた「レストランアゼリア」が取り壊されて更地になっており、総合的な飲食店やメニュー数はかなり減っていると思う。
2019091506.jpg
リフトで山頂へ
昔は山上に来ると涼しくて感動したものだが、近年は山上でも蒸し暑くて汗ダラダラ状態、時々涼しめの風が吹いてくる程度になってしまいホントの温暖化しているんだなぁと言うことを実感できる。
特に山頂に行くと日陰も少なく飲食店や自販機も無くて日差しだけが強いので灼熱地獄だ。
2019091507.jpg
20190915008.jpg
一通り回ったら、山上に居ても暑いので、長蛇の列に並んでロープウエイで下山。
2019091509.jpg
下の駅の店も変わり、モンベルなどもあるが規模は小さく山小屋の販売コーナー程度
2019091511.jpg
バス乗り場は日除けやベンチなどは一切なく、炎天下の中1時間以上並ばされる。何の罰ゲームだよ?
2019091512.jpg
帰りは名古屋行きのバスと時間が合わさらないので、湯の山温泉から電車で、バスから下車した人が多いわりに意外に空いていた
2019091513 .jpg
四日市で途中下車して商店街に行ったら、ぺんぎんがまだあった。
ほかにも狭くて入れないレコート店や個人でやっているような小さいモデルガン店やプラモデル店、
2019091514.jpg
諏訪公園の派手なトイレなどがありちょっと楽しめた。
それにしても何時まで蒸し暑いのだろう。今年はまだ秋の気配すら全くない。


nice!(1)  コメント(0) 

第16回アルペンルート星空撮影(Vあり) [トラベル・イベント]

2019年9月6日(土)~7日(日)
2019090600.jpg

6月は雨で失敗、7月と8月も悪天候で断念したアルペンルートでの星空撮影
狙っていた8月30日前後は宿がすでに満室、9月6日前後は1週間前でも曇り時々晴、一時雨の予報を出しているところもある微妙な天気だったが、これ以上先延ばしにしていては天の川中心が見られるチャンスが無くなる!と、思い切って手配した。
2019090601.jpg
今回も帰りのワイドビューひだが満席のため、しらさぎコースの長野側から。
2019090602.jpg
ワイドビューしなのの車窓の景色に癒される。
金曜日なのでちょうど山の中で通学中の子供達の姿が見られ優越感に浸れる。2019090603.jpg
扇沢までのバスの車窓
2019090604.jpg
電気バスがパンタグラフで充電中。約10分で一回の走行分を急速充電できるらしい。
トンネル内は架線が撤去されてしまい迫力がやや減った印象2019090605.jpg
今回はヒザも壊しているので展望台には上がらず。
2019090606.jpg
晴れているので放水時の虹もはっきり見える。
2019090607.jpg
無理矢理景色といっしょに撮ろうとしてダムカレーと言うことが分からなくなった様子2019090608.jpg
最高所で宿泊地である室堂に着いたら思いっきり曇り!
夜は晴れの予報だが…
みくりが池温泉に向かって歩きだしたが、ちょうど中間地点辺りで突然雨が降ってきてびしょぬれになる。
みくりが池温泉の乾燥室のお世話になり、リニューアルされた喫茶室でくつろぐ2019090611.jpg
雲が多くて良い夕焼けは見られなかった。
2019090609.jpg2019090610.jpg
夕食と入浴が済んだら、撮影準備。
夕食時に白エビのから揚げを追加したが美味かった!なんかの刺身も付いていたし。
うっかりタイツを忘れてしまったが、なんとか宿の売店で購入できて一安心。
平地はまだまだ灼熱の真夏日だが、標高2,500mの夜はダウンや手袋など真冬の装備でちょうどいいほど寒い。
でも秋ほどガチガチ震えるほどは寒くないので行動しやすい。
今回はじめて軽量三脚UT-3Aを本格的に使用したが、テスト撮影で手振れが発生したのでペットボトルホルダーやモバイルバッテリーをぶら下げたら安定した。
やっぱり重りは必須ですね。
2019090701.jpg2019090702.jpg
宵のはじめは月が出ていて強烈な月明かりが天の川の儚い光はかき消してしまい、月が沈んだ真夜中頃には天の川中心部は見えなくなり冬のような薄い天の川になってしまった。
9月初旬でも時期が遅かったようだ。来年はGW直後から動きたい。2019090703.jpg
毎回、みくりが池に映る星々に挑戦しているが今回も水面が安定しなかった。2019090704.jpg
そのうちに夜明け、準備や設定に時間がかかり、1回の撮影に1時間使くかかるため数回に撮影で一晩あっという間だな。
少しの仮眠と朝食後、荷物をまとめて出発。
2019090705.jpg
富山を見下ろす天空ロードを高原バスが進む。
2019090706.jpg
富山駅で毎度おなじみブラックラーメンを食べる
調子に乗ってから揚げと餃子を付けたら1,850円になっちゃうのもいつも通り。
2019090708.jpg20190090707.jpg
北陸新幹線~特急しらさぎで徹夜明けなので景色を眺めながら転寝していたら、名古屋到着直前にJRのマッドサイエンティスト、ドクターイエロー氏に出会う。


nice!(1)  コメント(0) 

8月のAR断念と掃除ブーム [トラベル・イベント]

2019年7月27日(土)くもり
2019年7月28日(日)くもり時々はれ
7月初旬は梅雨時期で天候が好転せず断念した立山黒部アルペンルートの室堂に星空撮影計画(通称AR)。
8月1日の新月付近、8月2日(金)3日(土)を次の候補日にして、各天気予報を睨んできたが、天気がくもりの可能性が高く、宿も8月は満室続き(山小屋なので電話で相談すればなんとかなる場合もあるが…)、翌週になるとお盆シーズンで「立山黒部アルペンきっぷ」が使えないということで、残念だが8月の計画を断念することに決定しました。
次の候補日は8月31日新月付近だけど、この辺も満室なので9月最初の週末。台風が来なければいいが…
10~11月の寒いけど閑散とした雰囲気も良いのだが、あまり時期が遅くなるとはっきりした天の川が見えなくなってしまう。
来年の自分へ告ぐ、4月開通直後からGW直後梅雨入り前に動くべし!!
盆休みもこのまま手をこまねいているわけではなく、近くで終電で帰って来れる範囲で天の川が見れる場所が無いか探してみたい。候補としては内海、長久手、定光寺など。

なんか最近、掃除ブームで気が付くとエアコンフィルターやガラス掃除、クッションの毛玉をとったり、キッチンの油汚れとったりしている。無意識に現実から目を逸らしたいのかも知れない。
毎週洗っている布団カバーがうすくなって来たので、無印良品に買いに行くことに。
無地で繊維が荒目のさらさらな感触のが欲しいのだが、ホームセンターやイオンでは良いのが無いのだ。
その前にしばらく行っていなかったので朝一で墓参りに。早朝なのに蒸し暑くて汗びっしょりになるねん。
その足で名古屋まで出る。まず混雑する前に上前津の模型店で模型材料の買い出しを行い、久屋大通の無印に行ったのだが、敷布団カバーと掛布団カバーが揃っているものが無いので、名古屋駅の無印良品で購入した。
sDSC09850.jpg
それにしても蒸し暑い!

nice!(0)  コメント(0) 

第15回アルペンルート星空撮影 [トラベル・イベント]

2019年5月31日(金)~6月1日(土)
2019年初のアルペンルートに星空撮影。
統計的に一番天候が安定した時期を選んだつもりだが、天気予報は日程が近づくにつれ晴→曇→雨へと移り変わってゆきガッカリ。
しかし、雨は午後から降りだし深夜には止み、次の日は晴天ということでまだ明け方に撮影するチャンスはある!
と、装備にレインウエアなどの雨具一式を加え出発した。(せっかく荷物の軽量化をしたのに台無し)

sDSC09636.jpg
東京の有明駅と大糸線の有明駅を間違えて来る人はいるのだろうか?
(間違えると特急や北陸新幹線を使っても4時間以上かかるので注意!)
信濃大町からのバスは思いのほか混んでいて、後方の席に置いやられ乗り降りがし難く時間がかかる状況になる。
sDSC09653.jpg
今年から扇沢→黒部ダムのトロリーバスが電気バスになった。
扇沢駅は法的には鉄道駅からバス停にクラスダウンしたせいなのか、あのニセ駅員は登場しなかった。

sDSC09645.jpg
低床化したせいで最前列のタイヤ部分が荷物置き場になった。「重い荷物は載せないで下さい」と明記してあるのに、非常にお行儀の悪い外国人のクソガキが上に座って大騒ぎしてうっとおしいわ、視界は遮られるわで最悪だった。
台の上に猫避けマットのようなものを敷いておくべくだろう。
それなら軽い荷物を置くことも出来るし。
電気バスの走行音は非常に静かだったのが印象的だったが、あのクソガキのせいで第一印象はあまり良いものでは無くなってしまったのが残念。
sDSC09649.jpg

くろにょん型のつり革。
sDSC09659.jpg
今回は展望台には上がらず、すぐ黒部ダムレストハウスで黒部ダムカレーで食事。
sDSC09657.jpg
なんと券売機が使いにくいタッチパネル型になりガッカリ!
ソフトクリームをスタイリッシュに食べながらダム堰堤を渡る(まだちょっと寒い…)
なんとか雨が降り始める前に渡ることができた。
今回は時期的に観光放水も無く、くろにょんも登場しなかったし、ガルベも運休していたようだ。
sC0014(1).jpg
黒部研究所のあたり
室堂に着き、雪の大谷でも見ようと外に出ようとしたら雨が降り出してきたので、すぐ引き返してきた。
喫茶りんどうで休憩しようとしたが、結構混雑して待ち客がいるほどだったので落ち着かず、ケーキセットを食べてすぐ出ることに。
深夜まで雨は止まない予報なので、意を決して雨具を装備して雨の中みくりが池温泉に向かう。
足が雪にめり込んで非常に歩きにくいし、靴下がべちょべちょに濡れてしまった。
早めにみくりが池温泉に着き、喫茶みくりでくつろごうと思っていたら工事中で閉鎖中だと!(7/5までとのこと)
雨で外にも出れないし、食堂も食事準備のため入れないので居る場所が無く、仕方なく相部屋のベッドで過ごす。
深夜0時頃から30分~1時間ごとに外の様子を見に行くのだが、雨は上がっているのに深い霧に覆われ視界数メートル、風も強く星なんて一切見られなかった。3時半頃には空が明るくなってきたので、ここで断念…結局三脚すら出す事も無く終了した。悔しいのぉ~悔しいのぉ~
sDSC09682.jpg
sDSC09685.jpg
sDSC09689.jpg
翌朝、早朝外に出るとまだ濃霧で朝食前ごろにようやく霧が晴れ晴天に。遅すぎるわ!
sDSC01406.jpgsDSC01422.jpg
雷鳥は毎回道端の野良猫のような感覚で出会えるので、あまりありがたみが無くなって来たほど。
天気が回復したのにもったいないが予定通り下山、富山で昼食後、北陸新幹線に乗ると混んでいて、何かと思えば金沢で百万石まつりとやらを開催していたらしい。
しらさぎに乗車後、仮眠して買っておいた缶コーヒーと菓子でティータイム、読書などをしている間にあっという間に3時間経ち名古屋に到着。2019年初のアルペンルートに星空撮影は大失敗に終わってしまった。
一応、万が一に備え来週に予備日を設定してあったが、もう梅雨入りしてしまうのか週末前後以降は雨との予報、中旬になると月の光が邪魔で撮影できないので、当分反撃できそうにない。
次回は7/3前後(ただし梅雨中なので期待薄)8/1前後、8/31前後、9/31前後、10/28前後のうちどれか1回、天の川中心がはっきり見える早めの日程で再試行したい。
今度は1週間前まで日程を引き付けてなんとか晴天の続く日程を選びたいと思う。
来年はGW過ぎ直後から動こう!!

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - トラベル・イベント ブログトップ