So-net無料ブログ作成

第15回アルペンルート星空撮影 [トラベル・イベント]

2019年5月31日(金)~6月1日(土)
2019年初のアルペンルートに星空撮影。
統計的に一番天候が安定した時期を選んだつもりだが、天気予報は日程が近づくにつれ晴→曇→雨へと移り変わってゆきガッカリ。
しかし、雨は午後から降りだし深夜には止み、次の日は晴天ということでまだ明け方に撮影するチャンスはある!
と、装備にレインウエアなどの雨具一式を加え出発した。(せっかく荷物の軽量化をしたのに台無し)

sDSC09636.jpg
東京の有明駅と大糸線の有明駅を間違えて来る人はいるのだろうか?
(間違えると特急や北陸新幹線を使っても4時間以上かかるので注意!)
信濃大町からのバスは思いのほか混んでいて、後方の席に置いやられ乗り降りがし難く時間がかかる状況になる。
sDSC09653.jpg
今年から扇沢→黒部ダムのトロリーバスが電気バスになった。
扇沢駅は法的には鉄道駅からバス停にクラスダウンしたせいなのか、あのニセ駅員は登場しなかった。

sDSC09645.jpg
低床化したせいで最前列のタイヤ部分が荷物置き場になった。「重い荷物は載せないで下さい」と明記してあるのに、非常にお行儀の悪い外国人のクソガキが上に座って大騒ぎしてうっとおしいわ、視界は遮られるわで最悪だった。
台の上に猫避けマットのようなものを敷いておくべくだろう。
それなら軽い荷物を置くことも出来るし。
電気バスの走行音は非常に静かだったのが印象的だったが、あのクソガキのせいで第一印象はあまり良いものでは無くなってしまったのが残念。
sDSC09649.jpg

くろにょん型のつり革。
sDSC09659.jpg
今回は展望台には上がらず、すぐ黒部ダムレストハウスで黒部ダムカレーで食事。
sDSC09657.jpg
なんと券売機が使いにくいタッチパネル型になりガッカリ!
ソフトクリームをスタイリッシュに食べながらダム堰堤を渡る(まだちょっと寒い…)
なんとか雨が降り始める前に渡ることができた。
今回は時期的に観光放水も無く、くろにょんも登場しなかったし、ガルベも運休していたようだ。
sC0014(1).jpg
黒部研究所のあたり
室堂に着き、雪の大谷でも見ようと外に出ようとしたら雨が降り出してきたので、すぐ引き返してきた。
喫茶りんどうで休憩しようとしたが、結構混雑して待ち客がいるほどだったので落ち着かず、ケーキセットを食べてすぐ出ることに。
深夜まで雨は止まない予報なので、意を決して雨具を装備して雨の中みくりが池温泉に向かう。
足が雪にめり込んで非常に歩きにくいし、靴下がべちょべちょに濡れてしまった。
早めにみくりが池温泉に着き、喫茶みくりでくつろごうと思っていたら工事中で閉鎖中だと!(7/5までとのこと)
雨で外にも出れないし、食堂も食事準備のため入れないので居る場所が無く、仕方なく相部屋のベッドで過ごす。
深夜0時頃から30分~1時間ごとに外の様子を見に行くのだが、雨は上がっているのに深い霧に覆われ視界数メートル、風も強く星なんて一切見られなかった。3時半頃には空が明るくなってきたので、ここで断念…結局三脚すら出す事も無く終了した。悔しいのぉ~悔しいのぉ~
sDSC09682.jpg
sDSC09685.jpg
sDSC09689.jpg
翌朝、早朝外に出るとまだ濃霧で朝食前ごろにようやく霧が晴れ晴天に。遅すぎるわ!
sDSC01406.jpgsDSC01422.jpg
雷鳥は毎回道端の野良猫のような感覚で出会えるので、あまりありがたみが無くなって来たほど。
天気が回復したのにもったいないが予定通り下山、富山で昼食後、北陸新幹線に乗ると混んでいて、何かと思えば金沢で百万石まつりとやらを開催していたらしい。
しらさぎに乗車後、仮眠して買っておいた缶コーヒーと菓子でティータイム、読書などをしている間にあっという間に3時間経ち名古屋に到着。2019年初のアルペンルートに星空撮影は大失敗に終わってしまった。
一応、万が一に備え来週に予備日を設定してあったが、もう梅雨入りしてしまうのか週末前後以降は雨との予報、中旬になると月の光が邪魔で撮影できないので、当分反撃できそうにない。
次回は7/3前後(ただし梅雨中なので期待薄)8/1前後、8/31前後、9/31前後、10/28前後のうちどれか1回、天の川中心がはっきり見える早めの日程で再試行したい。
今度は1週間前まで日程を引き付けてなんとか晴天の続く日程を選びたいと思う。
来年はGW過ぎ直後から動こう!!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。